これからどうすんだ



Mask Of Zoro 2

【Mask of Zoro2】
前回キャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるエレナと
熱々のエンディングを飾ったマスクオブゾロ。

2は、子供まで出来、仲の良い夫婦生活を
見せ付けられる続編。

いい感じのコメディで、なかなかに笑わせられたが
子供に見せるには結構むごいシーンもあったような。
キャサリン・Z・ジョーンズ(長い名前だ)はやっぱり綺麗。
アントニオ・バンデラスも今回はそこまで濃くなく
最後まで飽きも来ず見れた。
二人の子供が少し生意気な演技をしていたが、
まぁ、よしとしよう(何が?)

映画館でみるには・・・80点!
[PR]
# by virginey | 2005-11-02 15:14 | 映画レビュウ

最近見た映画 【Puen-Sanit】

【Puen-Sanit プアンサニット(親友)】

タイ映画。
「この映画、絶対泣けるから見てみたいよ~」
という同僚と一緒に、本当に泣けるかなぁ~??と
思いつつ、見に行ったら、本当、
泣けた~!!!

こういう、心がほのぼのした恋愛モノは、
韓国映画の恋愛映画と通じるものがある。
胸がツーンとする、でも気持ちのいいエンディング。

主人公は、バンコク出身のかなり内気な男の子。
その男の子が、タイ南部の海の町を訪れる現代のシーンから、
北部(チェンマイ)で過ごした大学生活の過去のシーンと
過去・現在が平行して進んでいく。

彼にはチェンマイで想いを伝えられない同級生がいた。
そして今、南部の町で出会った、自分を慕う女の子と。
彼の描くスケッチにはいつも同じ女性が書かれるのを
女の子も気付いていて・・・

「冷静と情熱の間に?」に似ているとの噂。
(あたしゃ見てないのでわからないが!)

なぜ彼はここ(南部)にいるのか、
何が彼に起こったのか。
映画が進むごとに、全てが明らかになる。
そして彼の最後の決断は。
映像の素朴さ・美しさはなかなかのもの。

主演男性の演技もなかなか。
ちょっと長瀬チックな濃さがヨロシイ。
女の子は二人とも綺麗なんだけど、演技がチト・・・
でもストーリーがいいので、よしとしましょう。

映画のコピーは、
『自分が愛する人と、自分を愛してくれる人。
あなたはどちらを選びますか』

えーーー私だったら。俄然、愛してくれてる人だったけど、
結局は、立場逆転になってしまったな(-台-;)
[PR]
# by virginey | 2005-10-13 12:21 | 映画レビュウ

映画レビュウ: The Skeleton Key 

【The Skeleton Key 2005米】
ケイト・ハドソン主演のサスペンス・ホラー。
アメリカ南部、ニューオリンズの老夫婦の住む
不気味な屋敷に、ケア・ワーカーとして住み込み始めた主人公。
屋敷のどこでも通じるカギを渡されるが、ある日
屋根裏に開かずの扉があるのを発見し・・・。

アメリカ南部、っていうのが映画のヒント。

ホラーかと思いきや、(次からネタばれ)
人的(宗教的)なものであることがわかり、でも結局
最後には結局ホラーじみたエンディング・・・
ま、度を越した信仰はホラーにつながるってわけかしら。

しかもこの展開って、「世にも奇妙な物語」にもあったぞ!!
しかも雰囲気がちょっとばかし、「Others」にも似てるぞ!!

気丈に走り回るケイト・ハドソンは、
今までの可愛らしい役どころからは少し違った印象を受けたけど、
でもやっぱり何させても可愛い★
老夫婦役も大御所のジーナ・ローランド(可愛いおばあちゃん)
そして寝たきりのジョン・ハート(エレファント・マンの素晴らしい
演技が、ここでも!)。見応えあり。

そこまで怖くはないんだけど、
ホラーが苦手ならとりあえずよした方がいいです。
後味悪いから。
現に私も、その晩結局怖い夢見てしまったよ・・・トホホ。
[PR]
# by virginey | 2005-09-08 14:59 | 映画レビュウ

一瞬の再会

彼が突然バンコクに来てくれた
でも明日帰る って
相変わらずの忙しさに 落ち着かなさに
えーーっ・・・・って思ったけど
それでも飛行機に飛び乗ってまで来てくれたことが
とても嬉しくて暖かくて
幸せだなぁと思った

日本で一緒に暮らしていたときでさえ
すれ違いの一日を送ったときは
「少しでも一緒の時間を」と30分でも
用事の合間をぬって会いに来てくれた

そうね いつでも彼は私に会いにどんな距離も
乗り越えてくれた

数時間しか一緒にいられなかった昨日の晩も
何度も「会えて嬉しい」と繰り返してくれた

この人と一緒にいると
遠距離と彼の仕事が
会えなくて辛い日々をたくさん生んでいるけれど
潰れそうになりながらなんとか持ちこたえたら
それを帳消しにするようなご褒美をくれるんだな

人は私が騙されてると冗談・半ば本気で言う
有り得ないと思いつつ実はそうかもしれないし
でも彼の不器用さと少し抜けた性格が
騙されてもいっか、と
私を満足させた。

次会える日まで、また頑張るぞ。
[PR]
# by virginey | 2005-09-01 13:28 | 恋愛

最近見た映画『TOM YAM GOONG』

【TOM YAM GOONG】

『Stealth』や『Wedding Crashers』とか
『Infection』(恐らく、感染:日本のホラー)とか
やってたんだけど、折角タイにいるんだからと
その名も『トムヤンクン(意味はえびスープ)』を鑑賞!!

タイでは『マッハ』に引き続き、ノンワイヤーアクションということで
かなりの話題作。
映画の入れ替わりが激しいタイで珍しくロングランされている様子。
映画館前の張りぼてなんかはまさにトムヤンクン一色。

っといっても、スープの話じゃなくって、
立派なアクション!カンフーでもない空手でもない
なんだか不思議な動きを見せる主人公。
師匠は出てこないのが不思議・・どこで習ったおまえさん。

兄弟の様に育った親子象が(←この辺がタイ)、
悪い政治家によって
オーストラリアに売り飛ばされたことを知った主人公。
象を取り返しに海を越え、いざオーストラリアに!!

シドニーに行くお金も貯めたんだろうが(2週間で
貯めたことになっている)一生懸命お洒落したとみえる
上下のジージャン+赤いマフリャーが泣かせる。


一方シドニーで有名なタイ料理「トムヤンクン」は、最上階は秘密の
ゲテモノ料理屋で、希少動物を料理しているドス黒い店だ。
オーナーは中国ヤクザ。
象はそこにいた!

既に料理されていたのかぁー!??

ってとこで、かなぁり笑えるこの映画。
主人公の発する言葉って、
『象を返せ!』しかなかったし(しかも象の名前で聞くため
名前を知らない(普通は知らない)人にとっては
探しているのが象かどうかもわからない)
ヤクザの女ボスと闘うまでに色んな子分が出てくるところなんかは
まるでファミコンのスパルタンXだ。

舞台はほぼシドニーだが、活躍するのは主にタイ人で
(当たり前なのだが)地味さ・おおらかさ(いい加減とも言う)の
表現は絶品だ。

『ハーフアタック(おかまのバレーボールの話)』も
日本で流行ったが、これも流行って欲しい。

と、実は悲しいお話なんだけどね。
[PR]
# by virginey | 2005-08-30 13:19 | 映画レビュウ

待ち時間

彼とやっと連絡がつながった
周りの人に 泣き顔して訴えた
苦しい「待ち」の2週間は終わった

待つほうは辛いと 誰が言った
誰がそんな 当たり前で
あまりにも 的確な言葉を当てはめた

お陰で本当に辛かった

その間に色々考えた

そして反省して

次に生かせるように
何度願ったことか。



彼が好きでなくなったらもう愛さない と
何かどこかで勘違いしてた私に
見返りを求めない愛ってやつを
教えてくれた友人たちに感謝。

無言の静けさで教えてくれた
彼に 恐怖。。。。
[PR]
# by virginey | 2005-08-30 12:33 | 恋愛

遠距離終了希望願い

連絡がつかない

たとえば普通の会社員と恋してたら

喧嘩してるわけでもないのに

こんなことで悩まない

たとえば普通の距離だったら

こんなにもどかしい気持ちにはならない


お仕事忙しいんだね
私がもし近くにいたら
一番に癒してあげる自信があるよ

なのに今はそんなチャンスもなくて
私はあくまで受話器の中から聞こえる
一本の声だけに気持ちも愛情も押し込めて
あなたに話しかけるだけで精一杯

そろそろ遠距離もしんどくなってきたよ
そろそろ考えようよ
一緒にいられる方法を 具体的に もっと。
どんなに夜遅くなっても 帰る家が一緒だった
あの頃みたいに。
[PR]
# by virginey | 2005-08-25 18:11 | 恋愛

AIKO えりあし

AIKOの「えりあし」は
まるで私の気持ちを綴ったよう

アンニュイな気分になるにも関わらず
寝る前に聞いて、失敗したな。

案の定涙があふれて
空虚な心がすっぱくって
ねじれて 耐え切れなくなった。

素直にありがとうと言えず
素直にごめんと言えず

かまって欲しくて怒ったり
寂しさをわかってほしくて泣いたりした
私のもどかしさを 満たされなさを
彼が困る方法で伝えようとした

それを繰り返して 失って初めて気付くのだろう
こんなにも 失いたくないと思う人には
これからもそう簡単には 出会えないと思うのに

大好きという言葉を言うだけなのに
怒っても泣いても笑っても喜んでも
一番最後にいいたい言葉は「大好き」という言葉なのに

自分の倒れた気持ちをまっすぐに戻して
次の電話から、深呼吸して、口をひらこう
あの歌詞みたいに、過去にならないように。
[PR]
# by virginey | 2005-08-24 13:08 | 恋愛

お洗濯

タイで洗濯機はまだ流行っていない様子。
扇風機が600円で買えるこの国で、私は1万円で
二層式洗濯機を購入した。

二層式。

そう、二層式・・・・

でもこれがまた苦じゃない。

タイは常夏の国なので、冬の寒空の下手の冷たさに震えながら
泣く泣く洗濯をした日本の冬の洗濯(たとえ全自動であっても)より
断然ましなのだ。

ぼーっとしてると洗濯剤が終わり
ぼーっとしてると柔軟剤が終わり
少しやる気を出して脱水をかけて、
干すだけ。。。

ふと、マンションのベランダから近くの民家を見てみれば
たらいで手洗いするおばちゃんの姿が。
天気がいくらよくったって、手が荒れるだろうて。

洗濯機があるだけでも、恵まれているようです。
[PR]
# by virginey | 2005-08-22 17:31 | 海外生活・アジア編

惚れたもん負け。

恋愛って惚れたもん負けっていうけど
本当にそうだと思った
この恋愛は 私は勝ちだって思ってたんだけど
いつの間にやら惚れたもん・・・負けだ

彼のこと とても好きで 好きすぎて
自信も失って 

結局前の恋愛と同じになってしまったよ

ただ違うのは そんな私の弱さに
彼も気付いてくれたってことで

彼のほうが惚れてたときに あんなに堂々としてた私は
今彼の目には映ってないだろう

それでも好きでいてくれますか
あなたがいないとこんなにも無力になる私を
まだ惚れてくれますか
[PR]
# by virginey | 2005-08-19 18:31 | 恋愛

バンコクで暮らすということ。

日本に帰りたいとこれほど思う海外滞在も無い
海外にいると、帰りたくないと思うのが常だった

やはり私はこの国を受け入れる度量がまだ無いのだろう

一番頼りたい彼が忙しすぎて 
私のことを忘れてはいないけれど 連絡が密ではなくて

そういった不安も 全て私をホームシックにさせているのだろう

バンコクは朝も昼も夜も
車の音 クラクションの音 人のざわめき お皿の音
でこぼこの歩道や うろめく野良犬 つぶれてるゴキブリ
お陰で磨り減るサンダルのヒール。
乗車中も発車するバス お釣りも返さない店員  
外国人を見つめる人々に ぼろきれのような服を着て地面で寝ている人々
お金をくれと手を合わす子供 ボロボロのタクシー
排気ガスに砂埃

なんだかこんな状況が目の前に 全て入ってきて
目を瞑って耳を閉じないと一人になれず
でも帰宅したら今度は静けさの中、全く一人で

すごいギャップだぁー・・・・と
ため息をつきたくなるような毎日。

この風景が 日本に帰国すると懐かしくなるのだけど
旅行ならそれでいい
でも住むのは大変だなぁと 
今更ながら 痛感した

「強くなってね」と彼が優しく言ってくれたけど
実はとても苦しいのに気付かないで
強がって平気な振りしていた頃の私はもう無い
弱くなったなぁと 思う

あと半年。 
この国をいかに愛していこうか。
[PR]
# by virginey | 2005-08-18 13:04 | 海外生活・アジア編

この世で一番難しいこと。

素直に謝ったり
素直に喜んだり

素直に自分の気持ちを
落ち着いて
相手のことを考えて話す

そんなこの世で一番難しいことを
今 身に付けてしまわなければ

全て失いそうで とても怖い

今まで好き勝手に生きてきた私への
試練です
[PR]
# by virginey | 2005-08-17 13:03 | 恋愛

Absolute YOGA!

このモヤモヤ・イライラ・鬱を解消したくて
ヨガを始めた!!!

日本ではあまりなじみの無かったヨガ!!
聞いてはいたが、習いに行くほど金銭的余裕も
心理的余裕もなかった私。

今は金銭的よりも、心理的にヘルプを叫んでいた私。
こらもう、お金は働いて補え!っちゅーことで、
大金はたいて門を叩いた!!

すると!!!

カッカワイイ!

スタジオ内は、
いかにも女の子好きする、ピンクのお部屋に
オレンジのライト。(なんか、卑猥な感じ???)
金色の飾り付けが素敵。
マハラジャのお姫様になった気分で、清潔なロッカールームにて
服をぬぐと、なんとヨガの教室は37度の亜熱帯地域!!!

イエス、このヨガ教室の売りである、
「ホットヨガ」なるものに参加したのである・・

こりゃすごい。
こもるような暑さの中、26ポーズを精神集中させながら
呼吸を整え、汗だくだくになりながら、1時間半ひたすら先生の
言うがままにヨガ。

最後には眩暈さえする始末。

1.5リットルの水も全て飲み干す始末。

効きそう・・・・ちゅーか、効いてほしい。

いつまでも美しいオナゴでいるためにも!

追記:ちなみに、私の行ってるスタジオに、どうみても
フェイ・ウォンにそっくりな超可愛い女性がいるのだが
本人だろうか・・・・(ちなみに、ここは香港ではないですが)
[PR]
# by virginey | 2005-08-16 12:24 | 美しさのために

same me?

昔自分が作っていたサイトがある
昨日ひょんなことから そのサイトを発見してしまった
(仕事中であるが)
もう削除されたかと思っていたのに
まだまだ 運営されていた (無人で)

結構面白かった
懐かしかった
自分の文章がセンスが良いと思った

そして何より、 幸せそうな自分がいた

あのときも 遠距離をしてたのに
私は幸せそうな文章を書いていた
世界の何も怖くないと声を大にして
自信満々で毎日を過ごしている
去年の 愛された私がいた

今だって愛されてはいるだろうけれど
自分で勝手に愛情を減らしていて
遠距離がこうも長く続くと 私たちの情熱も
冷めていった気がして

あのときみたいな文章は 二度と書けない気がした

あふれ出るほどの愛情が
もう無いような気がした

そして 同時に こんなにも
自分に自信を失ったのは 久しぶりで
どう振舞っていいかもわからないまま
毎日を送っている

彼に会いたいという気持ちも
彼が誰よりも素敵だという信念も
彼が私のことを誰よりも一番に考えてくれているという自信も

全て

失ってしまった

あと半年の間に 私は
去年のような文章を 書き出すことが出来るのだろうか

出来なければ 
私は 胸一杯だった愛を失ったということだろうか
[PR]
# by virginey | 2005-08-10 11:16 | 恋愛

最近みた映画

【チャーリーズ・エンジェル】
私は何ヶ月このDVDの封を切るのに費やしたか。
買ったはいいけど、見る勇気と気力がなかったのである。
なぜなかったかというとだらけた気温にアクションは
うざったいのである。
ただの馬鹿コメディだけで充分、といった日々を過ごしていた私には
カンフー・ホイッスルも映画館でないと見る気がしなかったし
まさかDVDを買ってみるとも思わなかったが
あまりにひまで購入してしまった。

そして早3ヶ月・・・・

あまりに皆遊んでくれない日曜日の午後、
こっそりと封を開けて、鑑賞。


ウッワー!!!!


なんで、今まで封をあけなかったんだろう。
こんな小さいDVDの中に、こんな世界が広がっていたとは!!

というくらいの、馬鹿さ加減!!!
いや、馬鹿なんだけど、可愛らしい。
やっぱキャメロン・ディアスはおばかチャン役が似合うのね。
やっぱルーシーはアジア人贔屓で見ても綺麗ね。
やっぱドリューはぽっちゃりしてるのね。

ルーシーの髪型を目指す私。
[PR]
# by virginey | 2005-08-09 12:53 | 映画レビュウ

空白の毎日

私の会社は日系企業である。
なので一定数の社員を日本に派遣するのだが
その連中の教室が私の机目の前にあって
嫌が応にもドラえもんの歌で学ぶ連中の
笑顔が目に入ってくる。

楽しそうだなぁ・・・まるで学校だよなぁ・・

連中は今日本の文化・言語・技術を学ぶべく
励んでいるわけだが
あまりに楽しそうで、 ちんたら仕事をしている私は

「はて・・・ 私の幸せって」

と考えてしまうのである。

日本に1年半ほど派遣される彼ら。
不安と心配もあるだろう。家族と別れて寂しかろう。
恋人とわかれてしまう人もいるだろう。

でも反対にこれからの人生、期待一杯であろう。
会社の費用で日本で学び日本に住み
日本の技術を自分の国に持ち帰れるのだから。

私は何をしているのだろう。
期待で胸が一杯になるほどの
感動を覚えているだろうか。
海外に えいや と飛び出し
好きな人の近くに住んで いい仕事を見つけて
お気楽な一人暮らし

私は何をしてるのだろう・・・

昨日出張先で 相手側の社長が言った

「ゴルフ行って帰ってビデオ見て寝る
次の日もゴルフ行って 同じ一日
僕の人生、これでいいのかなって、 ときどきふと思うんだ」

この胸の空白感。
なかなか消せずにいる。
私のこの時間はとても勿体無く、もろい。
[PR]
# by virginey | 2005-08-09 12:36 | 海外生活・アジア編

8月を迎えて。

日本を抜け出してもう8ヶ月目に入ってしまった。
タイに上陸したあの日を思い出せば
遠い昔のことのように思えるし、
あっという間だったように思えるけど、
私はこの国に合ってないのは確かなところで
例えば帰国の日を迎えたとき、ああ、帰りたくないな
という台詞は、心の底からでないような気がする。

イエス!私はあまりこの国が受け入れられない。
受け入れる度量がないということか、
価値観があわなかったのか。

そして遠距離を自ら選んでしまった過ちも重なって
この国の印象を悪くしているのかもしれない。

楽しくて大笑いしていても、
80%で残り20%は曇り。
そんな毎日を送っていては 
全くタイに失礼なんだけれど。

いつか振り返って
私の26歳、タイで過ごした1年を
私はなんと言うだろう

人生の転機ともなったこのタイ生活。
一度100%くらい、楽しんでみたいものである。
[PR]
# by virginey | 2005-08-05 17:59 | 海外生活・アジア編

最近見た映画

突然、アップデイト!


【The war of the World】

これは・・・・(-台-;)
かなりの期待感を持たせたにも関わらず
結局「サイン」並みのしょうもなさ・・・
やっと出てきたティム・ロビンスも、とても悲しい分数で消えた。

→ネタばれ
宇宙人の目が大きくて可愛くさえある。しかもとてもマヌケだ。
こういう、ホラー/スリラーは、幽霊/物体関係は
最後まで姿を見せないのが良し。


【Fantastic 4】
アメリカのアニメの実写版らしい。
これは普通に面白かったし、悪役もなんとなく
スピードがあってコミカル。
スペースシャトルに乗り込んだ4人が
宇宙の亀裂(?だかなんだかに)呑み込まれた後
4人それぞれ色んな能力を持ってしまうわけだが、
自分ならどの能力が欲しいか、などと考えていた私と友人が
とても可愛らしかった。(自分で言うなってか)

岩男になってしまった人がいるのだが、どう見ても
ぬれおかきにしか見えなかった。


【Madagascar】
シュレック製作メンバープレゼンツ、動物主役のアニメ!
動物園の動物たちが脱出を企むとっても可愛らしい
でもちょっと切ないコメディ。
ライオン&シマウマが仲良し、っていう設定も、
子供の夢を育てんとする大人の努力が垣間見えるよね。

・・・・と思ってたら、結構ブラックなのが、さすが。
ペンギンがかなぁり極悪で、笑う。

この映画、かなりオススメっす。
[PR]
# by virginey | 2005-07-26 18:17 | 映画レビュウ

愛しい彼への道

彼と最近実は色々あったのだ
本当に気が狂いそうになるくらい悩んだり
泣いたり 自分の価値が見出せない日々が
ここ二ヶ月は続いていた
ここにもいつか、笑って話せるときがきたら、
書くだろう。でも今じゃない。

最近それでもやっぱり彼が大事だとわかって
私たちはどういう結果を出すにしても
会って話さないとダメだと思って
会いに行く決心をしたのだ

それなのに!
まず、金曜日の夜の強烈な渋滞!!
空港近くの、普段30分くらいでいける地点から
なんと3時間近くかかって空港に着いたときは
もうとき既に遅し!!飛行機に乗り遅れる始末・・・

そして土曜日の朝にフライト変更したのでした。
全てはなるようになっているんだなぁー。
結局、彼と過ごせる時間を12時間ほど無駄にしてしまったわけで
こんなに一月近くあえない私たちには
12時間といえど貴重なわけで・・
それぐらい、私たちの間にはかなりの距離が開いてしまっていたのだ

土曜日の朝、久しぶりの彼と会う
久しぶりに私も笑って会えた
もうここ二ヶ月彼に会うのが怖くて腹が立って仕方がなかったのに
土曜日は万面の笑みで会えた
金曜日の夜に、飛行機に乗り遅れた情けなさもあって
にやっとしたのもあったんだけどさっ

そして日曜日の夜バンコクに戻ってきたわけです。

やっぱり、たったの二日の再会でもまだ、
この二ヶ月間の問題は後を引いていて
ずるずるずるずるとしっぽを引いては 私たちを傷つけ
苦しませる
私はもうこれ以上傷つくのは、はっきり言って
精神的に深刻な打撃!とヘルプサインを出していたのに
彼は忙しいと取り合わなかった
それも悪かった

たった二日間の再会でも 私たちはまた
同じことについて何度も話し合い 泣いた

次生まれ変わって 又出会えたとしたら
今度は遠距離なんか選ばない
お金なんか
仕事なんか
ほっぽり出してあなたの元へ行けばよかった

もう遠距離は してはいけない
遠距離は恋愛をダメにする
次生まれ変わってもそのこと、覚えててほしい
彼も、私も。覚えていてほしい
そうでなければ またきっと
泣きながら すっぱい目をぎゅっと閉じて
無理に眠りにつく あんな辛い毎日を
少しでも回避出来るのだから


彼も 私も
お互いがお互いのことを 大好きだと
心から 一生一緒にいたい相手だとわかった

二度と忘れちゃいけないよ
今日のことも、私の痛みも、私たちの涙も。
[PR]
# by virginey | 2005-07-18 12:58 | 恋愛

第六感はあたしにゃ皆無

最近物凄く調子が悪いと思っていたら
細木数子の言うところの大殺界であったことが
今年7ヶ月目にして判明したわけだが
占いって本当に当たるのだろうか。

ここタイでも占いは相当人気で、
タロット占いから骨相学まで色々あるそうだ。
ちなみに友人が雑誌に載っていた占い師の所に
行ったところ、何も言う前から
年齢や経歴、現在の状況をズバリ言い当てられ
びっくりしたと語っていた

シックスセンス・・・?

何よりもノストラダムスの大予言よりも(ちょっと信じたりもした)
自分の信念だけをひたすら信じ進みつづけてきた私だったが、
冒頭にも書いたように最近へっぴり腰である

自分の感覚に頼れなくなってきた
そんな中

昨日、夜中に目が覚めた
神様が
「明日、彼のもとへ行ってこい」
と言った気がした

ってことで、夜中3時に起きていきなり荷物を詰めだした
これは第六感だ。とうとう私にもやってきたのだ
このときが!

地球の歩き方をひっぱりだし、空港までとりあえず行って、
適当にチケットを買い、国境まで行って、
彼に電話したら絶対迎えにくるはずだ
もし迎えにこれなくてもその日の宿ぐらい自分で取れるはずだ
と、胸がいっぱいであった

何かが違う。明日は何かある。
会社なんか義理だてても会社に一生いるわけでない。
今日くらい休んだって、まだ半年あるではないか!

・・・・・そして準備が済んで。
寝転ぶ。寝転んだ。目が閉じた。



目覚ましが鳴った!
いつもの朝だ。。。。
なぁーんだ。いつもの朝だ。。。
何も特別な気がしないなぁ

ということで、会社に来てます、私。

結局、いつもの平凡な私なのであった。
[PR]
# by virginey | 2005-07-14 16:48


仕事に恋愛…お金に遊び。人間やるのは大変だ。タイからやる気無く発信中。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30